寄与分と特別受益

遺産相続について情報収集していると必ず出てくるのが「寄与分」と「特別受益」というワードで、このふたつのワードはよく覚えておかないとトラブルに発展するケースもあります。
それではそれぞれの特徴をお伝えしていきたいと思いますが、まず寄与分とは被相続人に対して生前特別な貢献があったときにその分を通常の相続分にプラスするものです。

たとえば被相続人に対して自身の財産を使って長期間介護を続けていた場合、それによって被相続人の生活を維持できたわけですし、持っている財産を維持していたことになりますから特別な貢献となります。
ただ寄与分は法定相続人になりうる人以外には該当しませんので、家族以外の人がこのような行為をしていても寄与行為にはなりません。
寄与分はあくまでも家族が被相続人に対して特別な貢献したときのみ発生するものだと覚えてください。
さらに寄与分は通常の相続税に上乗せするものですが、まずは寄与分を除いた財産を通常通りの遺産相続して、その後寄与分を上乗せしますから相続税がかかるのは通常通り遺産相続した財産のみです。

一方、特別受益とは被相続人から生前遺贈や結婚式・養子縁組の際の資金援助、生活資金や高等教育の学費援助があった場合に発生します。
特別受益は言わば財産を先に渡している状態なので、計算するときには寄与分とは逆になり、まず本来の相続分に特別受益をプラスして、そこから財産の分配を通常通り行います。
その後、特別受益を受け取った人は特別受益分をマイナスして、残りの財産をそのまま相続することになります。

ただし特別受益に該当しないものもあって、生命保険はその最たるものですし、ほかにも扶養の範囲内と認められるものに関しては特別受益になりません。
たとえば大学進学のための勉強にかかった学費は扶養の範囲内と判断されることが多くなりますし、結婚式にかかった資金も特別受益にはなりません。
このように寄与分と特別受益は真逆の制度と言えるでしょう。